コラムのページ 2003年4月 最新のコラムのページへ


■ みどり〜 ■ 2003.4.28
キュウリグサ
キュウリグサ
新緑
新緑
ヘビイチゴ
ヘビイチゴ

讃窯はみどりでいっぱいです。まさに新緑。様々な「みどり」であふれています。讃窯の周辺にはコナラなどの落葉樹がたくさんあるので、本当に美しい色とりどりのみどりが堪能できます。そして、野草も咲き誇っています。よく見かけるけれど名前がわからないものがたくさんあります。今まで気になっていたものを少し調べてみました。
「キュウリグサ」:どこにでもよく見られる野草です。葉や茎をもむとキュウリのようなにおいがするのでこの名前がついたそうです。2〜3mm程の小さな薄紫色のかわいい花を付けます。
「ヘビイチゴ」:よくご存じの赤い実がなるやつです。子供の頃食べたら毒だと言われましたが、大丈夫らしいですよ。こんな花が咲くのは気がつきませんでした。
この時期、名も知れない野草が次々と花を付けています。よく雑草とひとくくりにされますが、それぞれにちゃんとした名前があるので、ちょっと調べてみるととても興味深いものです。

明日から高松市の栗林公園で「讃岐のやきもの展」が開催されます。(詳細は「展覧会のページ」まで。)今日準備に行って来たんですがハナミズキの花が満開で新緑がきれいでしたよ。お近くの方は「みどり」と「やきもの」を楽しみにいらっしゃいませんか。


■ 制作過程 ■ 2003.4.22
作品制作過程(水挽き)
水挽き
作品制作過程(細工)
細工
作品制作過程(彩色)
彩色

今回は刻彩花器の制作過程を紹介します。
まず、ろくろ(水挽き)で砲弾形の口が閉じた形を作ります。この時点では左右対称の円錐形ですが、全体の形を扁平にゆがめます。その後生乾きの状態で形を整えて、表面をカットし、両脇に突起を付け、文様を彫るなどの細工を施します。乾燥後、文様に「呉須」で彩色して「素焼き」、「本焼き」という行程を経て完成。
私の作品制作ではそのほとんどがろくろを使っています。ろくろを使うと基本的には左右対称の円錐形になりますが、形をゆがめることによって、思いもよらないおもしろい形態になります。ここ何年かはゆがめることを楽しみながら作品作りをしています。

今日はとても天気の良いすがすがしい一日でした。ここ讃窯は無数の野草が咲き乱れ、コナラなどの落葉樹はさながら様々な「みどり」を競い合っているようです。次回はそんな、野草や新緑の写真をUPしたいと思ってます。


■ さくら ■ 2003.4.16
サクラ
サクラ
サクラ

今年の桜(ソメイヨシノ)は例年になく長持ちしていましたが、東北地方などを除いてもう終わってしまったようです。皆さんの所はいかがでしょうか?香川県では3月の終わり頃から咲き始め、先日の日曜頃まで楽しめました。ここ讃窯には遅咲きの桜(葉が花より先に出る種類)があって、今がちょうど満開です。毎年ソメイヨシノが終わった頃に見頃を迎えるので、桜が二度楽しめて何だか得をしたような気がします。
桜が終わると次はツツジやアザミが咲くのが楽しみです。


■ 道具について ■ 2003.4.9
ダンゴ、コテ
ダンゴ、コテ
トンボ
トンボ

ものづくりにはそれに適した道具が欠かせません。陶芸の場合にも同じで、線ひとつ描くのにも使いやすいものが必要になってきます。道具次第で効率や仕上がりの結果が歴然と違ってきます。私の場合たいていは自分で作ります。市販のものも使いやすいように加工しています。また、ゴムベラなんかの台所用品が結構役に足ったりするんです。よく100円ショップに道具探しに出かけるんですよ。
「ダンゴ、コテ」:うつわの内側の形を整えるのに使います。目の詰まった堅い木をヤスリで削って作ります。
「トンボ」:ろくろ成形で寸法を揃える場合に口径と深さを測る定規。竹を削ってそれぞれのサイズに合わせて作ります。

これらは作品を作る上でのとても重要な道具たちです。使い込むうちにだんだん手になじんできて、ますます使いやすくなります。道具は私にとって貴重な宝物みたいなものなんです。


■ 続・春がいっぱい ■ 2003.4.2
ワラビ
ワラビ
キランソウ
キランソウ
ツクシ
ツクシ

ここ1週間ほどで本当に春が来たようです。桜もこの週末には満開になりそう。讃窯にはワラビやツクシなどの山菜が芽吹きだし、様々な野草が花をつけています。名前がわからないものが多いんですが、写真の「キランソウ」はリンクさせてもらっている「Botanical Garden」さんで調べました。シソ科の花で、別名を「ジゴクノカマノフタ」(地獄の釜の蓋)というそうです。地面に張り付くようにはえていて、とても可憐な花をつけます。シソ科の花はどれもきれいな紫色で、前回取り上げた「ホトケノザ」も同じシソ科なんです。

Yahoo! Japanに掲載してもらいました。「讃窯」または「田中保基」で検索するとヒットします。


▲このページ TOP へ

前月のコラムへ
最新のコラムへ
翌月のコラムへ


| HOME | 讃窯について | 作 品 | 陶芸教室 | 展覧会 | コラム | LINK | BLOG |

讃窯 〒769-2606 香川県東かがわ市水主175
Tel/Fax : 0879-24-0388 Mail : ceramic@sangama.info


Copyright 2003 sangama , All rights Reserved.