コラムのページ2003年8月 最新のコラムのページへ


■ 続々個展作品制作 ■ 2003.8.31
素焼きの窯詰め
素焼きの窯詰め

今日は素焼きの窯詰めです。制作の方はなんとか終わり、これから焼成の段階へ進みます。素焼きの窯に火が入りちょっと一息。やっと更新ができます。個展までちょうど10日で、あとは本焼きのための釉掛けが待っています。
この何日か厳しい残暑が続いてますが、夜になると虫たちが盛んに鳴きだしてもうすっかり秋模様。大接近中の火星を眺めながら個展会場の展示方法などあれこれ考えてます。


■ 続 個展作品制作 ■ 2003.8.19
高坏小鉢
高坏小鉢
粉引の鉢
粉引の鉢
三足の花器
三足の花器
楕円小鉢
楕円小鉢

このところ梅雨のようなジメジメした天気が続き、作品の乾燥がままなりません。今年の夏は本当にどうなってるんでしょう?
個展の作品制作はいよいよ最後の追い込みです。あまりwebには時間が取れないので、とりあえず制作途中の作品をup。


■ 個展作品制作 ■ 2003.8.10
文様付け
文様付け
乾燥
乾燥
マスキング
マスキング
窯詰めを待つ作品
窯詰めを待つ作品

9月の個展に向けての作品制作。
今回の個展の会場「納屋De手仕事 展示工房やまもと」は古い納屋を改造したギャラリーです。初めて会場を見たとき目についたのは、天井の梁がそのままむき出しにしてあることでした。この梁をいかした展示方法や作品を作りたいと思い、梁からぶら下げる吊り花器(画像上右と下左)を考えました。作品に紐をくくり付けて吊り下げるようにしようと思ってます。
私の作品は釉薬を部分的に掛けているものが多く、そのために釉薬を掛けない所を撥水材と新聞紙でマスキングします。(画像下2枚の紫色部分が撥水材を塗った状態)この作業手間がかかって大変なんですが、釉薬を掛けたあとで新聞紙を剥がすのが結構楽しいんですよ。
個展まであと一月。これからが正念場です・・・。


■ 夏真っ盛り ■ 2003.8.6
ハマボウ
ハマボウ
サルスベリ
サルスベリ

8月に入ってやっと夏らしいうだるような暑さがやって来ました。讃窯では、夏を代表する花が咲いています。
■ ハマボウ(浜朴)■:アオイ科の海岸などに生える海浜植物。讃窯は海から結構離れているのになぜか元気に育っているんです。以前から不思議に思っていました。花は一日で終わってしまいます。フヨウの仲間。
■ サルスベリ(百日紅)■:これはよく知られている夏を代表するような花。文字どおり木の幹がツルツルです。白い花もきれいですね。

ただ今9月に開催する個展に向けて作品を制作中。汗をかきかき、がんばってます。このページで制作途中の作品を順次UPしていこうと思っています。


▲このページ TOP へ

前月のコラムへ
最新のコラムへ
翌月のコラムへ


| HOME | 讃窯について | 作 品 | 陶芸教室 | 展覧会 | コラム | LINK | BLOG |

讃窯 〒769-2606 香川県東かがわ市水主175
Tel/Fax : 0879-24-0388 Mail : ceramic@sangama.info


Copyright 2003 sangama , All rights Reserved.