コラムのページ2003年10月 最新のコラムのページへ

■ 椿 ■ 2003.10.23

ダイカグラ

10月に入ると讃窯ではもう椿が咲き始めます。冬の花のイメージが強い椿ですが、実に沢山の種類が有り早咲きのものはこの時期から咲き始めるようです。写真左の「ダイカグラ」は紅白の絞りが美しい大輪の花です。讃窯には10種類以上ある椿の中でも最初に咲くものです。右の花はちょっと名前がわかりません・・・。

ただ今、11月2、3日に開催する「讃窯開窯25周年記念 やきものまつり」のための作品作りで忙しくてなかなか更新ができずにいます。


■ 留学生一日陶芸教室 ■ 2003.10.15
何ができるかな・・・
何ができるかな・・・
はい、チーズ
はい、チーズ
個性豊かな作品たち
個性豊かな作品たち

今月の初め「東かがわ市国際交流協会」の招きで来県しているニュージーランドの高校生が、一日陶芸教室にやって来ました。以前、小中学校のALT(外国語指導助手)で滞在していたキャロラインさんが、通訳を兼ねて引率してくれました。片言の英語を使ったりして、わきあいあいとした雰囲気のひとときでした。なかには日本語を勉強している人もいて、漢字やカタカナを書いた個性豊かな作品ができました。

おかげさまで讃窯は今年で開窯25年を迎えます。そこで、これまでご支援、ご指導を頂きました皆様への感謝の気持ちを込めて「讃窯開窯25周年記念 やきものまつり」と銘打って様々な催しを企画します。詳細はこちらまで。


■ 粘土体験 ■ 2003.10.2
手形
手形

先日近くの「誉水幼稚園」で園児の粘土体験を指導しました。年長児は陶盤に手を押しつけて、手形を取りました。年中は銘々皿。年小は壁掛け。いずれも名前を書き、幼稚園で使っている動物や植物のゴム印を押して出来上がり。年長の手形は卒園記念のイベントとして、ここ数年続けています。ちっちゃな手がとてもかわいく焼き上がりがたのしみです。

先月の9日から開催していた「田中保基陶展」は9月30日で無事終了しました。会場にお越し頂いた方どうもありがとうございました。高松市内では久しぶりの個展で、会期も3週間という長期間に渡るものでした。テーマを「刻・彫・扁」として、ここ数年取り組んでいる「刻彩のうつわ」を中心に制作しました。今回の個展を終えて、今後の制作上の展開がおぼろげながら見えてきたような気がします。それを具体的なものできるよう努力して行きたいと思っています。


▲このページ TOP へ

前月のコラムへ
最新のコラムへ
翌月のコラムへ


| HOME | 讃窯について | 作 品 | 陶芸教室 | 展覧会 | コラム | LINK | BLOG |

讃窯 〒769-2606 香川県東かがわ市水主175
Tel/Fax : 0879-24-0388 Mail : ceramic@sangama.info


Copyright 2003 sangama , All rights Reserved.