コラムのページ2003年12月 最新のコラムのページへ


■ 来年もどうぞよろしく ■ 2003.12.30
ツバキ
スイセン 白梅 センリョウ

今年もあと二日。いよいよ2003年も終わろうとしています。みなさんお正月の準備は進んでいますか?私は元旦から5日まで金刀比羅宮参道の金陵の郷で行う「新しい春の器展」の準備が何とか終わり、明日が搬入です。その後6日まで一緒に出展する五嶋さんのお宅で合宿生活です。それまで更新はお休みです。金刀比羅宮へご参拝の折りはぜひお立ち寄りください。

今年はこのサイトを3月に開設して、みなさんのおかげでやっとここまでこれました。この一年どうもありがとうございました。このページも週一回更新を目標に、野草の写真や日々の出来事など拙い文章で綴ってきましたがいかがでしたでしょうか。今後もより一層の充実を目指して行きたいと思いますので、来年もどうぞよろしくお願い致します。それではみなさんよいお年を。
来年こそは平和な年になりますように・・・


■ 申年 ■ 2003.12.21
申香合
申香合
申香合

毎年少しだけ作っている干支の香合ができました。来年は申年ですね。いつもどんなものにしようかと非常に悩みます。そのものズバリではなく、少しひねりを加えたものにするよう心掛けています。今年は締太鼓の上に猿の烏帽子を乗せました。

今年もあと10日。昨日は日本列島寒波に覆われてとても寒い一日でした。ここ讃窯でも北西の季節風がとても強く小雪が舞っていました。久しぶりの寒さに年末なんだなあと実感した次第です。うって変わって今日は暖かい穏やかな一日。今年は本当に変な気候ですね。年末で忙しい時期ですので、くれぐれも体調管理にはお気をつけてください。



■ 虎丸山2 ■ 2003.12.15
山頂看板
木に吊された山頂の看板
山頂の新宮神社祠
山頂の新宮神社祠
徳島方面
南側の徳島方面
瀬戸内海
北側の瀬戸内海

昨日のつづき。この日は天気がとても良く、見晴らしは最高。北側には瀬戸内海と東かがわ市の町並みが一望でき、条件が良ければ小豆島や淡路島もきれいに見えます。また、北側は徳島県に続く山並みが連なります。でも、少しもやが架かっていたので写真写りが今ひとつでした。山頂には熊野信仰の新宮神社が祀られています。この時に賽銭箱からお賽銭を出して近くの水主(みずし)神社に納めに行きます。普段はちょっとできない貴重な体験です。水主神社については後日紹介したいと思っています。


■ 虎丸山1 ■ 2003.12.14
新宮池と虎丸山
中央の山が「虎丸山」手前は「新宮池」
道標
途中の道標
道標
途中の道標
中腹からの展望
中腹からの展望
頂上の山小屋
頂上の山小屋
頂上からの展望 頂上からの展望 頂上からの展望
頂上からの展望 頂上からの展望
頂上からの展望

今日はこの地域を代表する山「虎丸山」の山道整備をしました。この山は毎年お正月に地域の人たちが初日の出登山をするため、讃窯が所属している自治会での恒例行事です。12月とは思われないぽかぽか陽気の一日、草刈りや倒木を除きながら2時間程で山頂へ。標高420mのこの山、途中まではなだらかな道のりなんですが、山頂近くになると結構きつい道が続きます。頂上からの眺めは瀬戸内海が一望できるすばらしいもの。今までの疲れが吹き飛ぶようです。つづく・・・


■ 師走? ■ 2003.12.6
椿
椿
椿
椿

12月ですねぇ〜。今年は本当に異常気象で11月はとても暖かかったし、今月に入っても本当に師走?というような気候が続いています。今日もいい天気の小春日和。夜の冷え込みがあまり無いので、紅葉がもうひとつのようです。讃窯では椿が次々に花を付けています。ただ今7〜8種類の花が咲いているんですよ。その中の一部を撮影しました。
天気予報によると来週からは寒くなるようです。この時期体調には気をつけましょう。


▲このページ TOP へ

前月のコラムへ
最新のコラムへ
翌月のコラムへ


| HOME | 讃窯について | 作 品 | 陶芸教室 | 展覧会 | コラム | LINK | BLOG |

讃窯 〒769-2606 香川県東かがわ市水主175
Tel/Fax : 0879-24-0388 Mail : ceramic@sangama.info


Copyright 2003 sangama , All rights Reserved.