コラムのページ2005年6月 最新のコラムのページへ

■ 水不足 ■ 2005.6.26
ネジバナ
ネジバナ

こちらは相変わらず雨が降りません。四国の水瓶「早明浦ダム」の貯水量は昨日の時点で37.4%(平年値88.4%)。降雨量は4月が観測以来月別最少記録、5月も過去2番目で、今月は月末までまとまった降雨は期待できず、最少の公算が大きいそうです。1994年の大渇水の時よりもひどい状態らしいです。このまま雨が降らないと7月10日頃には「早明浦ダム」の水は0%になってしまうということ。節水を心掛ける以外仕方がなさそうです。雨はどこに……。
讃窯では今年も「ネジバナ」が咲き始めました。他の草の中に隠れているので、じっくりと探さないとなかなか見つかりません。まだ咲き始めなので、これからもっとたくさんは花を付けそうです。


■ 空梅雨?■ 2005.6.20
ニワゼキショウ
ニワゼキショウ
ニワゼキショウ(白)
ニワゼキショウ(白)

四国地方は今月の11日に梅雨入りして依頼、ほとんどまとまった雨が降っていません。香川県は年間を通して降水量が少なく、また大きな河川も無いため、日照りが続くと慢性的な水不足に悩まされてきました。そのため農業用水確保のため県内至る所にため池があります。現在は1974年に完成した香川用水が、高知県にある四国の水瓶「早明浦ダム」から農業・生活用水を確保しています。しかし、今年はその「早明浦ダム」の貯水量が19日で、53.0%(平年値は87.4%)にまで減っています。香川県では1994年に大渇水があり、昼間の数時間しか水道水が使えない事がありました。去年は台風の異常発生で水害が多発したんですが、渇水も大変です。節水を心掛けたいものです。
さて、讃窯ではそろそろ初夏の野草も終わりかけています。ちょっと前まで競うように花が咲いていた「ニワゼキショウ」も実がたくさん付いています。花の色はここではほとんど紫色なんですが、そんななか一輪だけ白い花を見つけました。調べてみると白花も一般的らしいそうですが、讃窯では初めて見つけました。白も凛々しくてきれいですね。次は「キキョウ」や「ネジバナ」が咲くのが楽しみです。……それよりも雨、降ってほしいなあ。


■ 携帯サイト ■ 2005.6.15
讃窯携帯サイト

このページ、更新が1週間以上開いてしまいました……。
さてさて、愛媛県新居浜市で開催していた「田中保基陶展in新居浜」は一昨日で無事終了しました。会場にお越し頂いた皆様どうもありがとうございました。昨日は後片付けに行っていたんですが、作品展会場「工芸呉服 永易」の店長・永易さんに、讃窯携帯サイトを作って頂きました。是非々お立ち寄りください。かく言う私、実は携帯を持っていないんです。何と、今どきちょっと珍しいでしょう。今の所とりわけ不自由はしていないんですがねぇ。いつまで持たずにいられるか、ちょっと楽しみなんですが…。

▲讃窯携帯サイト http://www.sangama.info/i

讃窯携帯サイトQRコード
讃窯携帯サイトQRコード

■ 田中保基陶展 in 新居浜 ■ 2005.6.4
田中保基陶展 in 新居浜会場風景
田中保基陶展 in 新居浜会場風景

昨日から「田中保基陶展in新居浜」が始まりました。会場は愛媛県新居浜市にある「工芸呉服 永易」です。一昨日準備に行って一泊し、初日の昨日は一日会場にいました。食器・花器を中心に約100点の作品を展示・即売しています。このお店は呉服屋さんなんですがちょっと変わっていて、クラフト系の作品・アジアの雑貨や和雑貨の商品を売っていたりするんですよ。店長の永易(ながやす)さんは1998年頃からホームページを開設して通販を始め、今ではホームページ制作代行サービスまでやっています。彼には当サイト開設以来いろいろアドバイスしてもらっていて、私にとっては「webの師匠」みたいな方です。お店に伺った時はいつもパソコン談義に熱中して時間がすぐに過ぎてしまいます。一昨日も準備の後に話し込んで、気がついたら深夜になっていました……。
作品展は今月の13日(月)までですのでお近くの方のお越しをお待ちしています。


▲このページTOPへ

前月のコラムへ
最新のコラムへ
翌月のコラムへ


| HOME | 讃窯について | 作 品 | 陶芸教室 | 展覧会 | コラム | LINK | BLOG |

讃窯 〒769-2606 香川県東かがわ市水主175
Tel/Fax : 0879-24-0388 Mail : ceramic@sangama.info


Copyright 2003 sangama , All rights Reserved.