讃窯topページへ
讃窯topページへ讃窯について作品紹介陶芸教室のご案内展覧会のご案内コラムのページリンク集ブログ

「讃窯について」に戻る

仁阿弥道八(にんなみ どうはち)【1783〜1855】
福禄寿のと陶彫
寿老人の陶彫


京都市の粟田口に窯を開いた陶工、初代高橋道八の次男として天明3年(1783年)に生まれ、跡を継ぎ二代高橋道八となる。父の号を受け継いで松風亭を名乗り、独立して華中亭とも称し、この号は代々用いられることになる。
京焼における磁器の完成者奥田頴川の弟子となり、同門の青木木米と共に当時の三大名工として名を残している。
仁阿弥の号は仁清ゆかりの仁和寺より「仁」の一字を、醍醐寺三宝院門跡から「阿弥」の称号を拝領して名乗るようになった。
その作風は色絵磁器から茶陶・彫塑など多岐に渡り、多才な才能がうかがえる。特に琳派の画風を応用した「雲錦手」や人物・動物を写実的に模した彫塑の作品は代表作といえる。
また、讃窯をはじめ、紀州偕楽園御庭焼・嵯峨角倉家一方堂焼・西本願寺露山焼などに参画した。
天保13年(1842年)代を長男に譲り、伏見桃山に隠居して桃山窯を始め「法螺山人」と号して悠々自適の作陶生活を送り、安政2年(1855年)73歳の生涯を閉じる。

仁阿弥道八作品に接して
環付きの白磁花入
環付きの白磁花入

まず始めに、ここに紹介している仁阿弥道八の作品は、全て知人に紹介してもらった方にが所有されているものです。貴重な作品の撮影と、当ホームページへの掲載を快諾頂いたことを、心からお礼申し上げます。
さて、私、田中保基は仁阿弥道八の作品を直接手に取ってみるのは今回が初めてです。まず最初に感じたのはどの作品も非常に薄作りで軽いということ。巧みな技術がうかがえます。また、磁器の染付から、乾山風の絵付け、人物・動物を型取った置物など多様な作風におどろきました。江戸時代に作られた作品ですが、現在でも全く色あせることのない本物。完成された「京焼」のすばらしさを感じました。
なお作品画像は、室内でデジカメを三脚なしのストロボ撮影のため、一部ピントが甘いもの等がありますことをご了承ください。


仁阿弥道八 作品紹介
道八作品「寿老人置物」
道八作品「錆絵四方鉢」
道八作品「白磁酒器」
道八作品「色絵椿文向附」
道八作品「犬手焙」
道八作品「焼〆灰器」
道八作品「色絵輪花盃」
道八作品「亀置物」
道八作品「大石内蔵助図盃」
道八作品「灰釉水指」
道八作品「染付絵替わり盃」
道八作品「染付掛花入」
道八作品「染付土瓶」
道八作品「色絵盃」
   

| HOME | 讃窯について | 作 品 | 陶芸教室 | 展覧会 | コラム | LINK | BLOG |

讃窯 〒769-2606 香川県東かがわ市水主175
Tel/Fax : 0879-24-0388 Mail : ceramic@sangama.info


Copyright 2003 sangama , All rights Reserved.