「繋ぐシリーズ」は普段制作している実用的な食器や花器とは少し方向性を変えた、造形的な要素を持った作品作りを目指しています。
陶器を紐で繋ぐことによってできる形態の新たな展開を模索して、まったく異なる素材の紐と陶器の組み合わせが生み出す可能性に注目しています。
基本的には刻彩文を施した無釉の陶器を紐で繋いだ作品で、紐そのものを結んだり組み合わせることでできる形のおもしろさにもひかれています。
今後も色々と試行錯誤しながらの制作になると思います。

作品紹介>>
TOP>>
TEL
MAIL